Prismで複合アプリケーションを作り始めるまでの手順

はじめにPrismは、MVVMアプリケーションを作るための機能を提供しているライブラリですが、本来はComposite Application Guidance for WPFとして登場した複合アプリケーションを作るためのものになります。ここでは、MEFをベースにしてPrismで複合アプリケーションを作り始めるまでの手順を示します。プロジェクトの作成から参照の設定までまず、WPFアプリケーションを作成します。ここではPrismEduという名前で作成しました。そして、NuGetでPrismで検索して出てくる下記のライブラリを追加します。PrismPrism

C# (712.5 KB)
 
 
 
 
 
5 Star
(1)
515 times
Add to favorites
1/14/2012
E-mail Twitter del.icio.us Digg Facebook
WPF