Prism for Windows Runtimeを使ったODataの更新アプリサンプル

サンプルプログラムの概要このサンプルプログラムは、http://www.odata.org/odata-services/のOData(read/write)で定義されているPersonエンティティを読み込んでNameプロパティを編集するサンプルプログラムです。以下のような動作をします。起動直後は、何も表示されません。アプリバーに表示されている読み込みボタンを選択すると、データが読み込まれて表示されます。読み込まれたデータを選択するとNameプロパティの編集用画面に遷移します。データを編集して、アプリバーの保存ボタンを選択すると、データがサーバーに反映さ

C# (114.3 KB)
 
 
 
 
 
(0)
36 times
Add to favorites
10/10/2014
E-mail Twitter del.icio.us Digg Facebook
using Microsoft.Practices.Prism.Mvvm;
using ODataReadWriteSampleApp.Models.OData;
using System;
using System.Collections.Generic;
using System.Linq;
using System.Text;
using System.Threading.Tasks;

namespace ODataReadWriteSampleApp.Models
{
    public class AppContext : BindableBase
    {
        /// <summary>
        /// ここのURLをhttp://www.odata.org/odata-services/のOData(read/write)のURLで初期化
        /// </summary>
        private DemoService service = new DemoService(new Uri("http://services.odata.org/V4/OData/(S(wasyyq3eccboj1b3i1iagwld))/OData.svc/"));

        /// <summary>
        /// Person関連の処理をするModel
        /// </summary>
        public PeopleModel PeopleModel { get; private set; }

        public AppContext()
        {
            this.PeopleModel = new PeopleModel(service);
        }
    }
}