WPFでWindowの見た目を共通化する方法

概要Windows Formsで提供されていた基本フォーム(フォームを継承することで、基本的な共通機能などを派生先のフォームで再実装しなくて済むようにする手法)と同等のことをWPFでやる例を示します。ここでは基本フォームを下記の目的で使用しているという前提で説明を行います。ヘッダーなど共通の見た目を定義する共通の見た目の中に共通のボタンを定義するこのヘッダーに定義されたボタンの動作はウィンドウ毎にカスタマイズできるなお、基本フォーム自体のやり方については、下記の記事を参照してください。MSDN : Windows フォームのビジュアルの継承@IT : 各

C# (2.0 MB)
 
 
 
 
 
(0)
1,086 times
Add to favorites
12/3/2011
E-mail Twitter del.icio.us Digg Facebook