Windows FormsとReactivePropertyで簡易データバインディングを行う

サンプルプログラムの概要このサンプルプログラムは、ReactivePropertyをソースにしてPOCOをターゲットにして単方向・双方向のバインディングを行う方法をしめしています。WPFやWindows PhoneやWindows store appでは、XAMLのデータバインディングを使用するため、使用することはありませんが、XamarinやWindows Formsなどデータバインディングが無い(または、あったとしても貧弱な)環境での使用を想定しています。このサンプルは、Windows FormsでReactivePropertyを使用しています。サ

C# (43.3 KB)
 
 
 
 
 
(0)
164 times
Add to favorites
10/11/2014
E-mail Twitter del.icio.us Digg Facebook
Click an item in the panel on the left to view the contents here.