Generating EAP to TAP wrapper class

This sample describes about source code generation for an EAP-toTAP wrapper class.

C# (77.3 KB)
 
 
 
 
 
(0)
1,432 times
Add to favorites
5/28/2011
E-mail Twitter del.icio.us Digg Facebook
using System.Reflection;
using System.Runtime.CompilerServices;
using System.Runtime.InteropServices;

// アセンブリに関する一般情報は、以下の属性セットによって 
// 制御されます。 アセンブリに関連付けられている情報を変更するには、
// これらの属性値を変更してください。
[assembly: AssemblyTitle("SampleService.Web")]
[assembly: AssemblyDescription("")]
[assembly: AssemblyConfiguration("")]
[assembly: AssemblyCompany("++C++;")]
[assembly: AssemblyProduct("SampleService.Web")]
[assembly: AssemblyCopyright("Copyright © ++C++; 2010")]
[assembly: AssemblyTrademark("")]
[assembly: AssemblyCulture("")]

//  ComVisible を false に設定すると、その型はこのアセンブリ内で COM コンポーネントから 
// 見えなくなります。  COM からこのアセンブリ内の型にアクセスする必要がある場合は、 
// その型の ComVisible 属性を true に設定してください。
[assembly: ComVisible(false)]

// このプロジェクトが COM に公開される場合、次の GUID が typelib の ID になります
[assembly: Guid("39662296-78c5-4073-9fc8-4ecb18e615bb")]

// アセンブリのバージョン情報は、以下の 4 つの値で構成されます:
//
//      メジャー バージョン
//      マイナー バージョン 
//      ビルド番号
//      リビジョン
//
// すべての値を指定するか、次のように '*' を使ってリビジョンおよびビルド番号を 
// 既定値にすることができます。
[assembly: AssemblyVersion("1.0.0.0")]
[assembly: AssemblyFileVersion("1.0.0.0")]