SilverlightアプリケーションでExcelファイルのダウンロード(WCF RIA Services)

キーテクノロジNPOIWCF RIA ServicesSilverlightNPOIを使ってサーバーサイドで作成したExcelファイルをSilverlightで受信してファイルに出力するサンプルです。Loadボタンを押すと、データがDataGridに表示されます。Export...ボタンを押すとExcelファイルが保存されます。 

C# (1.5 MB)
 
 
 
 
 
(0)
799 times
Add to favorites
4/1/2011
E-mail Twitter del.icio.us Digg Facebook
<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>

<!-- web.config 変換の使用方法の詳細については、http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=125889 を参照してください -->

<configuration xmlns:xdt="http://schemas.microsoft.com/XML-Document-Transform">
  <!--
    以下の例では、"Match" ロケーターで "MyDB" という値の "name" 属性が見つかった
    場合にのみ、"SetAttributes" 変換により "connectionString" の値が変更され、
    "ReleaseSQLServer" が使用されるようになります。
    
    <connectionStrings>
      <add name="MyDB" 
        connectionString="Data Source=ReleaseSQLServer;Initial Catalog=MyReleaseDB;Integrated Security=True" 
        xdt:Transform="SetAttributes" xdt:Locator="Match(name)"/>
    </connectionStrings>
  -->
  <system.web>
    <compilation xdt:Transform="RemoveAttributes(debug)" />
    <!--
      以下の例では、"Replace" 変換により web.config ファイルの
      <customErrors> セクション全体が置換されます。
      <system.web> ノードには customErrors セクションが 1 つしかないため、
      "xdt:Locator" 属性を使用する必要はありません。
      
      <customErrors defaultRedirect="GenericError.htm"
        mode="RemoteOnly" xdt:Transform="Replace">
        <error statusCode="500" redirect="InternalError.htm"/>
      </customErrors>
    -->
  </system.web>
</configuration>