OS のバージョンを取得する (VB6.0)

特定バージョンの OS (または、特定バージョン以降の OS) で実行されることを前提としているようなプログラムを開発する場合、そのプログラムが実行されている OS のバージョンを取得する必要があります。Visual Basic 6.0 のライブラリにはこのような機能を実現するクラスや関数はありませんが、Windows の API (ここで紹介するコードは Windows 2000 以降に標準搭載されています) を呼び出すことで容易に実現可能です。

 
 
 
 
 
(0)
Add to favorites
2/15/2011
E-mail Twitter del.icio.us Digg Facebook