連載! とことん VB: 第 10 回 構造化例外処理の Finally ブロックの役割

データベース接続の失敗やファイルの書き込みの失敗など、プログラム実行中にエラー (例外) が発生した場合、.NET 対応の Visual Basic では構造化例外処理と呼ばれる構文を使用して、例外に対処するコードを記述することができます。

 
 
 
 
 
(0)
Add to favorites
2/14/2011
E-mail Twitter del.icio.us Digg Facebook