連載! とことん V第 27 回 C# の反復子ブロック (yield return) の代替を Visual Basic で実現 ~クエリ式とラムダ式の応用~

C# の「反復子」を Visual Basic へどう置き換えるのかを取り上げ、また、その置き換えサンプル コードを通して、クエリ式やラムダ式に潜む特徴について改めて確認します。ここで取り上げる内容は、単に C# の「反復子」の置き換え手法というだけでなく、様々な状況で、クエリ式やラムダ式をより有効に活用する上での基礎知識として役立つでしょう。

 
 
 
 
 
(0)
Add to favorites
2/14/2011
E-mail Twitter del.icio.us Digg Facebook