自動実装プロパティ (Auto-Implemented Properties) で省力コーティング

C# 2.0 以前では以下のようなコードを用いてプロパティを実装することが多かったと思われますが、C# 3.0 の自動実装プロパティを用いるとより簡潔にコードを記述することが可能となります。

 
 
 
 
 
(0)
Add to favorites
2/14/2011
E-mail Twitter del.icio.us Digg Facebook