[C++] ADO でエラー情報を正しく取得する

動作確認環境: Visual Studio 2010 ADO を使用したアプリケーションにおいて、何らかのエラーが発生した場合に、エラー内容をもとに適切な対処ができるように、エラー情報を正しく取得する必要があります。対象の処理を try ~ catch で囲み、catch の中でエラー情報を取得するように実装します。 Connection オブジェクトの Errors コレクション、_com_error クラスから、エラー情報を取得することが可能です。 コンソール アプリケーションで、SQL Server 上のデータベース AdventureWo

 
 
 
 
 
(0)
Add to favorites
4/5/2011
E-mail Twitter del.icio.us Digg Facebook