MVVM入門 その2「入力値の検証」

概要この記事は、MVVM入門 その1「シンプル四則演算アプリケーションの作成」の続きにあたります。その1を見ていない方は、そちらを見てから、この記事を見てください。この回では、その1で作成したシンプル四則演算アプリケーションのテキストボックスに入力値の妥当性検証を実装します。その1で作成した電卓は、テキストボックスに数字以外を入力することが出来ました。しかも、その状態で計算実行ボタンを押すことが出来て、計算結果も正しくないというお粗末なものでした。今回は、以下のように正しくない値(ここでは数字でない値)を入力した場合に、ユーザに視覚的にフィードバックをし

C# (57.6 KB)
 
 
 
 
 
4.7 Star
(3)
1,563 times
Add to favorites
11/19/2012
E-mail Twitter del.icio.us Digg Facebook
Sign in to ask a question


  • CalculateExecute メソッドについて
    3 Posts | Last post November 19, 2012
    • 細かい話ですが、CalculateExecute メソッド内で、下記の Lhs プロパティと Rhs プロパティは、double 型に変換してあげる説明がぬけているような気がしますが、意図的にそれぐらいわかるでしょって感じで、説明を割愛されてますでしょうか??
      
      this.Answer = calc.Execute(this.Lhs, this.Rhs, this.SelectedCalculateType.CalculateType);
    • 質問ありがとうございます。
      
      確かに、その説明がすっぽりと抜け落ちていますね。
      追加しないとわかりにくいですね。追加します。
    • 本文を修正しました。