WPF アプリケーションの「コード化されたUIテスト (Coded UI Test) 」の作り方 ~ UIのテスト駆動開発とUIMapの保守

単体テストと同様に「コード化されたUIテスト(Coded UI Test)」をどのように作成するか?はプロジェクトを進める上で非常に重要です。「シナリオテスト」は「要件」に応じて事前に準備されるべきですが、UIMap はUI実装が完了しなければ作成出来ません。 この問題を解決するサンプルを用意しました。このサンプルを使うことで、ある程度開発が進むまでUIMap を使わずにテスト駆動で UI を開発する方法と、アプリが完成に近づき「シナリオテスト」のテストケースが十分にそろった頃に、UIMap を使った完全なテストを作成する方法をイメージできます。

C# (729.8 KB)
 
 
 
 
 
(0)
474 times
Add to favorites
3/23/2015
E-mail Twitter del.icio.us Digg Facebook